ネット婚活は現代の理想の婚活!結婚生活に重要な3つの心得を学ぼう

ネット婚活は現代の理想の婚活!結婚生活に重要な3つの心得を学ぼう
現代の婚活はインターネットを使ったものが増え、昔は悪いイメージがつきものだったネットで知り合って結婚することが当たり前になりつつあります。 マッチングアプリも婚活専用のものが増え、信頼度も向上しています。 従来の結婚相談所もコロナ対策の一環として完全オンライン化に対応し、以前よりも利用しやすくなっています。 結婚を真剣に考えるとき、結婚相談所や婚活専用のマッチングアプリを利用することは現代の婚活として最も効率的な方法です。 結婚相談所主催の婚活パーティーもそういった婚活の一つの手段です。 ネット婚活はあり得ないなどと言っていたらいつまでも理想の相手と知り合うことはできません。 今の暮らしで恋愛も結婚もできないと思うなら、結婚相談所、婚活専用マッチングアプリ、婚活パーティーの利用を検討してみましょう。

結婚を考えるなら結婚後の暮らしもイメージしておきましょう

結婚を考えるなら結婚後の生活も考えておきましょう
結婚したいと思うなら、結婚後にどんな暮らしをイメージしているのかをよく考えておく必要があります。 結婚=子供、親戚づきあいというのは昔のイメージであり、強制ではありません。 現代は結婚後の暮らし方や周囲とのかかわり方も人それぞれに自由が認められています。 昔のように女性は結婚したら必ず子供を産まなければならず、親戚づきあいも強制されなければならないと決まっているわけではありません。 結婚後、どういった暮らし方をしていきたいのかということまで話し合いをしてから結婚を決めたほうが結婚後にトラブルが起きることを防ぐことができます。 ネット婚活で結婚を決める際にも、事前に重要なことをよく話し合っておきましょう。
結婚を考えて婚活を始めるなら、結婚後の新婚生活をより幸せなものにするために新婚生活に欠かせない3つの心得を学んでおきましょう。  結婚生活とは人間関係を維持していくことです。 昨日まで他人だった者同士が同じ家で暮らしていくためには守らなければならない重要な要素があります。 ネット婚活を始めるなら、ぜひ読んでおいてください。
結婚前には知っておかなければならない
田舎のルールがあります。
結婚してから気づいたらわけのわからないうわさが拡散されていたということにならないように学んでおきましょう。
結婚後に子供を作ろうと考えている男性は特に奥様のためによく読んでおいてください。
結婚後、思い込みで相手を傷つけかねないことがあることを知っておかなければなりません。

1・親に頼らない自立心が何よりも大事

結婚したらお互いに、自分たちの親には頼らない自立心が必要です。 田舎社会で育った人は、結婚後は自分の親や親戚に何でも相談しようと考えがちですが、 その考え方をだれもが受け入れられる常識だと勘違いしてはいけません。
姑の小言が新婚生活のストレスの要因に
田舎の姑というのは一般的に新婚家庭に口出しをしたがります。 洗濯物の干し方から洗濯機の使い方まで、ありとあらゆる細かいことに口を出す姑という存在は、 たいていの嫁から煙たがられます。 言わなくてもわかっているようなことで口出しをされたくないし、家事のやり方など自己流で問題ありませんし、 大きなお世話と思っていても口に出さずに黙っている嫁も多いのが実情です。 このような些細なことから嫁姑問題が持ち上がることもあります。 新婚生活のストレスの要因になる姑などの親族とは最初から距離を置いたほうが無難です。
夫婦ともに親から自立した結婚生活をスタートすることができれば、姑の余計な小言のような不要なトラブルとも無縁でいられます。 結婚相談所やマッチングアプリ婚活で結婚を決めた場合、姑との関係についても事前によく話し合っておきましょう。

2・結婚=子供?他人が強制することではありません

結婚したら子供は典型的な幸せの象徴ではありますが、必ずしも結婚の条件や目的ではありません。 特に男性は結婚=子供という認識の方が多く、結婚相談所でもほとんどの会員が子供を希望しています。 しかし、女性会員の中には子供は希望していない方も多いです。

妊娠出産の負担を軽視してはいけません

子供を産むのは基本、大きなリスクと苦痛、産婦人科での苦痛な診察を乗り越えなければならない大きな問題です。 そう簡単に本能的に望めるような話ではないし、それを怖がる理由も人それぞれです。 そして、不妊に関する問題も背景にある特別な事情など何もなくても誰にでも起こりえる話です。
主婦
特に不妊の問題は原因不明であることも多く、食べ物や体質による影響も大きい問題です。 年齢も関係ありますし、どこかの知らない人と目の前の人も同じではありません。 他人が勘繰るような問題ではないことも理解できないのが田舎者ですので、注意しましょう。
心身ともに大きな負担とリスクを抱える妊娠、出産を新婚早々に気にしたり話題にする親族というのも普通に存在しますが、かなり無神経だと思います。
田舎の親戚
あの新婚の親せき、いつまでたっても子供産まないわね~。 嫁に何か問題があるんじゃない?
新婚の嫁
妊娠・出産が怖いっていうだけの問題に他人が口出ししてくるってのがまず無神経ですよね。 それに、問題って何のことを言っているのか知りませんが、そのような陰口をたたかれるような事実はありません。 何を勝手に思い込まれているのでしょうか。
妊娠、出産に対する恐怖心を理解しない田舎の親せきが新婚生活に陰口をもたらすので要注意!
同じ同性同士でも理解がないのが、妊娠出産への恐怖心です。 あんなに痛そうにしている姿しかTVドラマで見たことがないのに。 ネット検索をして見つかる体験談のどれもが恐ろしいことばかりなのに。 この恐怖心を口に出しても、「平気平気。なんとかなるって」と軽くあしらわれるし、 耐えられて当然のことを怖がるのはおかしい、などと言われることが納得できません。 ただ、世間では妊娠出産を不妊治療をしてまで望む人が多くいます。 その多数派の意見の陰にはこの問題に恐怖心しか持てない人がいることも婚活では考慮するべきです。

3・目の前の相手を信じる態度、気遣いを忘れないようにしましょう

結婚相談所などで結婚相手を決め、成婚退会を決断した時、多くの会員は相手に対する信頼や安心感を感じて決断しています。 その時の相手に対する信頼や安心を新婚生活でもずっと維持していくことが結婚に欠かせない重要な要素の3つ目です。 結婚相手を信じていれば最初から目線を合わせて対等な会話をしようとする気になりますし、できるものです。 結婚相手を信じていない人は目線を合わせようともしませんし、 人の裏側ばかり気にして無断でパソコンや携帯電話を漁るような行動やその人に関するうわさ話を信じたりします。
主婦
主婦や親せきのおばさんというのは噂話が好きです。 新婚の家庭に対してあの嫁さんはどういう人なんだろうと気にして噂話をします。 外から勘繰るのが大好きな他人が多いので、警戒しなければなりません。 噂話を真に受ける暇があったら、目の前の人と対等に会話をするように心がけることが新婚生活に重要な要素です。忘れないようにしましょう。
結婚生活を楽しいものにしたいなら相手のことを正面から知る努力をしましょう
結婚生活を楽しいものにしようと考えるならば、相手の趣味嗜好をパソコンを覗くようなことをして知ろうとするのではなく、正面から対等な会話を通して知ろうとするべきです。 そこに他人が流している噂話など必要ありませんし、害悪でしかありません。 噂話というものはもともと他人が勝手に言っている戯言です。 本人が話す本当の話より聞く価値があるようなものでは決してありません。 パソコンや携帯電話という媒体には本人でなければ理解できない、誤解を招きかねないデータが入っていることがあります。 それを不用意に第三者が覗くことで無用な誤解、誹謗中傷を招くことがあり得ます。 他人の噂話やパソコン・携帯電話内のデータを信用するのではなく、目の前の人間と対等な会話をするように心がけることが楽しい結婚生活を送るためには欠かせません。

結婚=子供には年齢制限もリスクもあることを知りましょう

結婚生活が始まると同時に親族などがうるさく言い始めるのが「子供はまだか」発言です。 新婚家庭に対してそのようなことを平気で言ったり考えたりする時点で立派なセクハラで、 不愉快なのですが、これを理解して認識できる人は田舎では少数派です。 女性には妊娠出産に伴うリスクが多いことはすでに書きましたが、 高齢になるに伴ってそのリスクはさらに増えていくということも認識しておきましょう。

高齢出産は35歳から始まります

高齢出産は35歳を超えたらだれもが懸念しなければならない問題です。 高齢化していくのは女性だけではなく男性も同じです。 35歳を超えて妊娠した場合の異常妊娠の確率は若い時よりも高く、出産時のリスクも高いです。 妊娠する確率も減りますが、高齢出産のリスクは反比例的に上がってしまうのが35歳以降の年齢です。このことを認識したうえで行動しなければなりません。
主婦
結婚して妊娠、出産がなければ夫婦でいられないわけではありませんし、そんなことを言い出す旦那がいるとしたら最悪です。 35歳を超え、リスクが増える年齢になっても子供ができる可能性のある行動を強要することは立派な犯罪です。 夫婦間でもこの問題は根が深いです。親戚やその他の他人が口出しするようなことではありません。 主に旦那が妻が抱えるリスクについて学び、理解すれば済む問題です。

ヒトパピローマウィルス問題は結婚したら誰もが無縁ではいられない

結婚しても一度も接触がなく、選択的に子供を持たない夫婦以外はすべての女性が子宮頸がんの原因ウイルスであるヒトパピローマウィルスのリスクを抱えています。 男性の9割がヒトパピローマウィルスを生まれつき持っているという事実がある限り、そのリスクを否定できる根拠は乏しいです。 検査をしない限り、ウイルスを持っているかどうかを判断することはできません。 親が持っていないから安心とか、経験人数は一人だから関係ない、とは言い切れないのが人パピローマウィルスの怖いところです。 親が持っているかどうかを親に聞くのがまずおかしい問題です。
主婦
結婚したら子供を産みたくはなくても子供子供と周囲に圧力をかけられ、リスクが増える年齢になっても子供ができるかもしれない行動は結婚してたら当たり前のことだからと強要。 それが嫌だといえば浮気を疑うし、人パピローマウィルスの恐ろしさを説明すればさらにおかしなことを考える始末。 いったい何を言っているんだ?で、親にそんなのを質問することがまずおかしいでしょ? 親は関係ないのに、自分が持ってないと言い切れる根拠になんかならないでしょ!
通常の健康状態の人であれば自然治癒すると医師も公言していますが、だからといって安心できる要素はどこにもありません。 子供を作りたくないと考える年齢に差し掛かってきたら、その先にはリスクばかりが増えていくことを十分に認識しておきましょう。 特に男性はこの知識があいまいで、この病気に対する不安を口にしただけで一般的に流布されているような思い込みから 経験人数が多いだのと事実誤認に基づいた誹謗中傷をすることがありますので注意してください。 男性向けの一部の漫画でもよく表現されているようなことをきっかけにした思い込みは 新婚生活でも時にトラブルになることがあります。自分の経験や思い込みに基づく判断はいつも危険です。 正しい判断をし、結婚生活を楽しいものにするためにも「目の前の人間とよく会話をするべき」という3つ目の結婚生活に欠かせない重要ポイントをよく守るようにしましょう。 余談ですが、主に男性向けの漫画表現でよく描かれている思い込みの一例は結婚後の陰口の原因にもなります。医療監修記事を掲載していますので、参考にしてください。

結婚後に欠かせない重要な心得についてのまとめ

結婚したら、プライバシーにかかわるような問題に立ち入り、かき回すような親族や姑には特にご注意ください。 そして、結婚相談所経由の結婚は、男性の「親のために早く子供を持ちたい」という願望が優先されがちです。 女性側の経済的に安定した暮らしがしたくて結婚したいという希望は無視されがちです。 結婚相談所では男女ともに「結婚は子供が欲しくてするもの」という暗黙の前提のようなものがあり、 子供は無理に欲しくない、妊娠出産が怖いという意見は少数派として黙殺されることが多いです。 この問題はみんな結婚したら子供を希望して当たり前、という固定観念を捨て去って目の前の人の声を聴く姿勢を持つようにするだけで解決します。 そして、結婚=子供問題は35歳をきっかけに諦めて二人だけの生活を楽しいものにしていく努力をする方針に切り替えることも一つの選択です。 特に女性には大きなリスクがあることを認識し、男性は自分勝手な判断をしないようにしましょう。 「みんな」がこうだから!と押し付けるのではなく「目の前の一人」の声をよく聞くようにすることが結婚生活を楽しいものにするために欠かせません。
結論:結婚生活を円満にするための3つのポイント
1・嫁姑問題などで悩みたくなければ夫婦ともに親から自立すること 2・妊娠出産のリスク・苦痛を理解し、結婚したら子供を強要しないこと。 子供を産むのが嫌なら離婚などと口にして殺人事件が起きないと思う無神経な考えを改めること。 3・姑の妄言よりも嫁の言うことを信じる姿勢を新婚から持つこと。 (親から自立している人ならこのようなことは言われなくてもわかることです。)
結婚とは二人でするものです。 そこに姑・親戚・お互いの兄弟姉妹という存在は妨害になることがあります。 特に結婚相談所などの婚活サービスを経由した結婚の場合、お互いのことをまだ深く理解できていない状態で決めることがほとんどです。 何年も付き合って人となりを知った上での結婚とはならないため、表面上のことしかわからないのが通常です。 過去のことも、どのようにして生きてきて、何を思って努力してきたのか、お互いにわからないことが多いのです。 当サイトで比較している婚活サービスを利用した結婚の場合、お互いを理解するためにも余計な妨害にしかならないような親・親戚とは自立した新婚生活のスタートを最もお勧めしています。
結婚を考えるなら結婚相談所がおすすめな理由

結婚相談所のメリットは確実に結婚相手としての基本的な条件を備えていることが事前に確認できる点です。

恋愛で終わる関係と結婚に至る関係の大きな違いは、両者の結婚する意思の有無にあります。
結婚するつもりがないのに結婚を振りかざしてずるいことをする人も、世の中には多いです。
結婚相談所の入会、利用には独身証明書の提出など一定の身分を保証する必要がありますし、入会費・月額料金ともに必要です。
そのため、真剣に結婚を考えている人が集まるのが結婚相談所です。

安心と信頼のサポートが受けられる結婚相談所比較


上記バナー画像をクリックすると大手・シンプルな中小結婚相談所まで
特徴や詳細を理解しやすく比較した結婚相談所比較記事へ飛びます。
結婚相談所やネット婚活・ネット恋愛に興味がある方は参考にしてください。

恋愛・結婚はネットだから危険、とは限りません。
ネットでも職場でも人の中には信用できない人がいることは同じです。
恋愛や結婚を実りある、良いものにするためにはその見分けと当たり前の警戒心が必要です。
結婚相談所の比較情報と合わせて、ネット恋愛に関する管理人なりの意見も書いています。